PROGRAM

チラシダウンロード

舘野泉 サロンコンサート
~宮澤賢治の世界~ 【予定枚数終了】

「左手のピアニスト」舘野泉が山形交響楽団首席奏者と織りなす天空の世界

演奏生活60周年を迎えた舘野泉、山形交響楽団第2ヴァイオリン首席奏者のヤンネ舘野、山形交響楽団首席チェロ奏者の矢口里菜子によるピアノ三重奏と、柴田暦による朗読で紡がれる、幻想的な空間をお愉しみください!

やまがた文化の回廊フェスティバル プログラム
時間
19:00開演(18:30開場)
会場
やまぎん県民ホール内 オープンスペース
出演
ピアノ:舘野 泉
ヴァイオリン:ヤンネ舘野
チェロ:矢口里菜子
朗読:柴田 暦
曲目
●久保 禎/「五つの風景画」より≪串木野さのさ≫による≪鹿児島ハンヤ節≫による山川町利永≪琉球人踊≫による
※「舘野泉左手の文庫」助成作品 舘野泉とヤンネ舘野に捧ぐ
●谷川賢作/スケッチオブジャズ2「5つの組曲(」舘野泉に捧ぐ)
※「舘野泉左手の文庫」助成作品
●吉松 隆/KENJI~宮澤賢治によせる/ピアノとチェロと朗読のための(舘野泉に捧げる)
料金
無料 (全席自由※要事前申し込み・チケット制)
※全席自由・無料の公演ですが、感染拡大防止の観点からチケット制にいたします。
※当日はチケットに記載された通し番号順に会場にご案内いたします。
※ご案内時、番号をお呼びした際にいらっしゃらない場合は、少しお待ちいただく場合がございます。

※未就学児のご入場はご遠慮ください。託児サービス(事前予約制)をご利用いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。
舘野泉 サロンコンサート ~宮澤賢治の世界~

主演者 プロフィール

やまがた文化の回廊フェスティバル プログラム
舘野泉 サロンコンサート ~宮澤賢治の世界~

舘野 泉

Piano

クラシック界のレジェンド、83歳ピアニスト。東京生まれ。1960年東京藝術大学を首席卒業。1964年よりヘルシンキ在住。1981年以降、フィンランド政府の終身芸術家給与を受けて演奏生活に専念する。領域に捉われず、分野にこだわらず、常に新鮮な視点で演奏芸術の可能性を広げ、不動の地位を築いた。これまで北米、南米、オーストラリア、ロシア、ドイツ、フランス、北欧諸国を含むヨーロッパ全域、中国、韓国、フィリピン、インドネシアなどアジア全域、中東でも演奏会を行う。人間味に溢れ、豊かな叙情をたたえる演奏は、世界中の幅広い層の聴衆から熱い支持を得て、深く愛され続ける。これまでにリリースされたLP/CDは130枚におよぶ。 ピュアで透明な旋律を紡ぎだす、この孤高の鍵盤詩人は、2002年に脳溢血で倒れ右半身不随となるも、しなやかにその運命を受けとめ、「左手のピアニスト」として活動を再開。尽きることのない情熱を、一層音楽の探求に傾け、独自のジャンルを切り開いた。“舘野泉の左手”のために捧げられた作品は、10ヶ国の作曲家により、100曲をこえる。命の水脈を辿るように取り組んだ作品は、拓いたジャンルをも飛び越え、ただそこにある音楽だけが聴くものの心に忘れがたい刻印を残す。2012年以降は海外公演も再開し、パリやウィーン、ベルリンにおいても委嘱作品を含むプログラムでリサイタルを行い、満場の喝采で讃えられた。80歳傘寿記念公演では、自らに捧げられた作品2つ、左手作品の最高峰ラヴェルとヒンデミット、この4つのピアノ協奏曲を一気に演奏。2019年は日本とフィンランド国交100周年親善大使として、5月にラ・テンペスタ室内管弦楽団(フィンランド)日本公演を5都市で行なった。2020年、演奏生活60周年を迎える。もはや「左手」のことわりなど必要ない、身体を超える境地に至った「真の巨匠」の風格は、揺るぎない信念とひたむきな姿がもたらす、最大の魅力である。新刊「舘野泉フォトストーリー(求龍堂刊)。
https://www.izumi-tateno.com/

舘野泉 サロンコンサート ~宮澤賢治の世界~

ヤンネ舘野

Violin

フィンランド・ヘルシンキ生まれ。オーストラリアにてジュリアン・クイリット、フィンランド・ヘルシンキ音楽院にてシルッカ・クーラ、オルガ・パルホメンコ、シカゴ芸術音楽学院にて森悠子の各氏に師事。室内楽をイェルツィ・ゲベルト、バロック音楽をデビッド・シュレーダー両氏より学ぶ。98~07年オウルンサロ音楽祭(フィンランド)に出演。ソリストとして大阪チェンバーオーケストラ、東京エラート室内管弦楽団、山形交響楽団と共演。11年東京文化会館にてデビューリサイタルを行う。15年ヘルシンキにてW.ケンプのヴァイオリンコンチェルトを演奏。現在横浜に在住し、日本各地にて室内楽、オーケストラ奏者、ソリストとしても活動。ヘルシンキを拠点とするラ・テンペスタ室内管弦楽団のコンサートマスター、音楽監督を努める他、山形交響楽団第2ヴァイオリン首席奏者、森悠子主宰長岡京室内アンサンブルのメンバーとしても活躍。またアルゼンチンタンゴのタンゲロス・ポラレス(フィンランド)タンゲロス・アルティコス(日本)での出演などフィンランドと日本2つの祖国において幅広い活動を展開。17年アンサンブルMIDORIを結成自主企画室内楽コンサートシリーズを開始。18年ソロCD『Janne Plays Sibelius』(レコード芸術準特選)リリース。
https://jannetateno.com

舘野泉 サロンコンサート ~宮澤賢治の世界~

矢口 里菜子

Cello

祖父が山形県出身。
5 歳よりチェロを始める。 馬場省一、宮城健、山崎伸子、石坂団十郎の各氏に師事。 東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京藝術大学音楽学部を経て、カール・マリア・フォン・ ウェーバー・ドレスデン音楽大学に学ぶ。 奨学生として参加した霧島国際音楽祭にて 堤剛氏、シエナ・キジアーナ音楽院夏期国際マスタークラス にて D.ゲリンガス氏、札幌リスト音楽院セミナーにて M.ペレーニ氏のマスタークラスに参加。 第31回霧島国際音楽祭賞。
第10回ビバホールチェロコンクール 第1位。東京・第一生命ホールにてリサイタルを開催。 ドレスデンにてザクセン州立警察オーケストラとグルダ「チェロとブラス・オーケストラのための協奏曲」を共演。 在ベルリン日本国大使館における演奏会等、欧州各地で演奏。
在学中にカルテットを結成し、リゾナーレ音楽祭、六花亭コンサートシリーズ他多数の演奏会に出演。 ライプツィヒ弦楽四重奏団と共演。 また東京藝術大学及びウイーン国立音楽演劇大学の共同プロジェクト「haydn total」(ハイドン弦楽 四重奏曲全 68 曲 CD 録音)に参加。
JT が育てるアンサンブルシリーズ、ラ・フォル・ジュルネ・エリアコンサート、 東京・春・音楽祭、久石 譲 presents ミュージック・フューチャー、宮崎国際音楽祭等に出演。 小澤征爾音楽塾オーケストラ、ジャパン・ヴィルトゥオーゾシンフォニーオーケストラ、ナガノ・チェンバー・オーケストラ等に参加。紀尾井ホール室内管弦楽団に客演。
2019年、藤岡幸夫氏プロデュース・日本主要オーケストラトッププレイヤーによる弦楽四重奏団「The 4 Players Tokyo」として活動開始。BSテレビ東京「エンター・ザ・ミュージック(毎週土曜日08時30分~)」に定期的に出演予定。同年4月、山形交響楽団 首席チェロ奏者に就任。

舘野泉 サロンコンサート ~宮澤賢治の世界~

柴田 暦

Reading

桐朋学園演劇科卒。演劇活動の後、次第にヴォーカリスト活動に移行。1999年よりパフォーマンスグループ〈時々自動〉(主宰/朝比奈尚行)の公演、及びコンサートに歌手・パフォーマーとして出演。「幽霊はここにいる」(演出/串田和美)、4カ国共同作品「演じる女たち」(演出/アヌラダ・カプール)等の演劇作品に楽士・歌手として、また、画家・富山妙子作品展(越後妻有アートトリエンナーレ)に出演するなど、演劇やアートとの交差も多い。現代詩や自身の書くナンセンス詩の朗読も行う。高瀬アキ(Pf)、ブルーノ・カニーノ(Pf)、大友良英(G)、関根真理(Per)等と共演。CDにCb.河崎純とのデュオ<ユニ・マルカ>(ZIPANGUレーベル)。
https://rekikoyo.exblog.jp

諸情報

お申し込み
方法

やまぎん県民ホール チケットデスク 10:00~19:00
休館日:毎週火曜(祝日の場合はその直後の平日)、年末年始(12月29日~1月3日)
電話:023-664-2204
窓口:ホール1階事務室
インターネット
※チケットのご予約・受取方法等について詳しくはこちらをご覧ください

お申し込み
開始日

ネット・電話:2021年1月30日(土)10:00~

窓口:2021年1月31日(日)10:00~

お問い合わせ

やまぎん県民ホール チケットデスク:023-664-2204(休館日を除く10:00~19:00)

注意事項

※やむを得ない事情により出演者・曲目が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※ご来館の際は感染症予防にご協力ください。詳しくはこちらをご覧ください。
※開場前にお待ちいただく場所につきましては、3月上旬にHPにアップいたします。
※会場は寒くなることが予想されます。防寒対策をお願いいたします。
※当日券・立ち見につきましては、状況により当日HPにアップいたします。

プログラム一覧に戻る

やまがた文化の回廊フェスティバル ページトップへ

ページ
先頭へ